アレルギーの犬には食べ物に気を付けて

耳を痒がる

私の愛犬は小さい頃からよく耳を痒がったり頭をよく振っていました。

その当時はあまり知識もなく気にしていなかったのですが、ある日突然耳の中に湿疹のようなものができてしまい、べとべとした耳垢がでるようになってしまいました。

最初は爪をこまめに切ったり、耳掃除をしたりしていたのですが、日に日にひどくなり、慌てて動物病院に連れて行ったところ、アレルギーによる外耳炎ということでした。

細菌などによる外耳炎は、投薬や外用剤で治るそうなのですが、アレルギーの場合は原因を取り除かない限り繰り返すことが多いそうです。

アレルギーの検査は費用がかかるため、まずは日頃食べているフードを変えてみてくださいと言われたので、まずは食べているものを見直そうと思いました。

手作りごはんをあげることにしました

愛犬がアレルギー体質だとわかったのをきっかけに、インターネットのブログや雑誌などで気になっていた手作りごはんを作ることにしました。

市販のドッグフードの場合は添加物が多く、アレルギーの原因になりそうなものがたくさん入っています。

価格が高いものは無添加のドッグフードもありますが、通販など今すぐに入手できないものが多く、断念しました。

手作りごはんなら、手間はかかりますが、なにを食べたか全て把握して記録できると思い、自分で作ることにしました。

雑誌などで犬が食べても安全なものを調べ、体重管理をしながら与える量を調節しました。

一定期間は同じ材料で作り、アレルギーの症状が出ていないか様子を見ながら与えていました。

市販のフードは合わなかった

これまで1年程手作りごはんを与えていますが、体重も普通の体重のままで、耳を痒がったりすることもなくなりました。

耳垢の状態も良く、湿疹も出なくなりました。

以前市販のドッグフードを与えていた時は、遊びながら食べてしまうことがよくあったのですが、食いつきも良く安心しています。

何よりもアレルギーの症状が出なくなったことが1番うれしいです。

以前は耳掃除などもしていたのですが、獣医さんによると、綿棒での耳掃除は外耳炎の場合逆効果になってしまうこともあるそうで、耳掃除は獣医さんに任せることにしました。

近年の市販のドッグフードは、犬にとって必要な栄養がバランスよく入っているので健康な犬に与えるのは問題ないのですが、私の愛犬のようなアレルギー体質の犬にはその犬に応じて飼い主が対応しないと症状が改善されないそうです。

手作りごはんは手間がかかり大変ですが、喜んで食べてくれますし、アレルギーの改善につながったので、実施してよかったと思います。

ページのトップへ戻る / サイトマップ