散歩が嫌いな犬に楽しませながら運動させる

散歩が嫌いで肥満

柴犬のメス5歳を1匹飼っています。

この子は6ヶ月の時にペットショップから購入したのですが、散歩が嫌いな性格のようです。

そして食べる事が大好きで、いつも家の中でぐうたらしています。

3歳位まではまだ標準体重だったのですが、4歳頃から段々と太り始めてしまいました。

食事は食べても足りないのか、あげるまでずっとキュンキュン鳴くのです。

ついついあげてしまい、顎や背中、お腹に脂肪がついてでっぷり太ってしまったのです。

おやつも隠しても見つけてしまうみたいで、このままだと病気になると悩みました。

体も動かしにくそうで、ちょっと歩いただけでも呼吸が荒く心配になりました。

一気に標準体重を越えてしまって、獣医さんからもメタボなのでダイエットさせましょうと注意されたのです。

メタボ犬にはドッグラン

それまで散歩嫌いなせいで、せいぜい外へ出ても10分程度、ちょっと歩いてすぐ蹲ってしまうかぐいぐいリードを引っ張って家に帰ろうとします。

家の中でも寝てばかりでボールを見せても遊ばないので、本当にだらけきっていました。

でもダイエットの為に食事量を減らすのは勿論ですが、まずは運動をさせなければと思ったのです。

そこでドッグランへ連れて行く事にしました。

ドッグランならば他の犬もいるし、場所も変わっていい刺激があるんじゃないかと思いました。

ドッグランは、同じくメタボな犬を飼っていた友人から勧められました。

公園よりも遊具がありますし、広くて駆けまわれるので普通の散歩等よりもストレス発散できるだろうと思いました。

犬も楽しめることが継続の基本

現在も続けていますが、ダイエットでドッグランへ通ったのは約1年間です。

2日に1度、3〜4時間程ドッグランで遊ばせました。

丁度近くにドッグラン施設があったので頻繁に通う事が可能でした。

最初にドッグランへ行った時は、ちょっと他の犬に怯えていました。

でも慣れてくるとすごく元気に走り回って、あっという間に時間が経つ程でした。

駆けまわっては水を飲み、また駆けていって他の犬とも追いかけっこのようにしていました。

最初は10分走ってぜいぜいしていたのが、通う事に体力がついてきたのか、沢山遊べるようになりました。

1年経つ頃にはあの顎や背中、お腹についていた脂肪もすっきりとしました。

運動する事でストレス解消出来たのか、食べ過ぎる事もなくなりました。

そして運動が好きになったのか、普通の散歩でもちゃんと30分以上歩いてくれるようになりました。

今までとにかく散歩させなければと犬の気持ちを考えていませんでした。

でも散歩したい、運動したいと思えるような環境作りが大切だと気づきました。

ページのトップへ戻る / サイトマップ