段差が腰痛の原因に

足を痛そうにする愛犬

愛犬が7歳になったころの話です。

いつもピョンとソファの上に飛び乗っているのにいきなり飛び乗れなくなり、座ろうとしてもキャンと声をあげて座ることができず、バタンと倒れるようにでしか寝ることができなくなってしまいました。

普段と様子があまりに違うので心配になり、病院に連れていくことにしました。

病院で診てもらったところ、腰を痛めてしまったのだろうということでした。

動物病院の先生から安静にすることと、生活環境を改善するように言われ、帰りました。

それから1週間ほど散歩に行くのも控え、普段はリビングで放し飼いにしていましたが、ケージの中で安静にさせるようにしていたら、少しずつ落ち着いたようで腰を痛がる様子はなくなりました。

ソファや階段には気を付けて

普段は犬を自由に犬を行き来させて階段の上り下りも自由にできるようになっていましたが、それが良くなかったようです。

階段やソファの上り下りは犬の腰に負担のかかることというのを恥ずかしながらその時初めてしりました。

腰を痛めてしまってからは階段の前に柵を置いて犬が上り下りできないように対策をして、ソファにはスロープをつけることで、ジャンプして上り下りすることがないようにしました。

愛犬は腰を痛めてしまっただけで少しの間安静にすることですぐ良くなってくれましたが、もっと悪くなると椎間板ヘルニアになってしまい、酷い場合は下半身が動かなくなりますよ、と病院の先生に忠告されてしまったので、犬の腰に負担のかからない環境を心がけるようになりました。

年齢に合わせた環境作りも大事

腰を痛めて病院に行ってから1年経ちますが、生活環境を改善したおかげてそれからは特に問題なく過ごせています。

体の小さな小型犬にとっては階段やソファの上り下りをするのはかなり腰に負担のかかることだったようです。

また、太らせてしまうことも腰に負担がかかるとのことなので、体重が増えすぎないように気をつけて、適度に運動もさせています。

あまり激しい運動もよくないとのことなので。

若いとなんでもないことでも年を取るにつれできなくなってくるし、年齢に合わせて環境を変えていってあげないといけないなと改めて思います。

犬は痛くても体に異変があっても言葉で伝えることができないので、飼い主がいつもと違うと感じたらすぐに病院に連れていってあげることが早く治る近道だし、犬の苦痛も最小限で納まるものだと思います。

ページのトップへ戻る / サイトマップ